作品紹介
はじめに ものがたり 出演者 スタッフ

出 演 者

長塚亨三 大塚寧々 ミッキー・カーチス 國村隼 きたろう
三田村周三 金久美子 雪村いづみ CAST

南果歩

 1964年兵庫県生まれ。逸平の愛人、貴子を演じる。

 '85年桐朋学園短期大学を卒業。学生時代の84年に小栗庸平監督「伽_子のために」のオーディションで2,200人の中からヒロインに選ばれデビュー。透明感のあるキャラクターは多くの女性から支持を受ける。

 その後'86年の「Ronin」、'87年の「漂流教室」、'88年の「恋子の毎日」「TOMORROW・明日」「おかしなふたり」を経て、'89年には「夢見通りの人々」「226」「せんせい」「螢」「帝都大戦」に出演。様々な役柄を見事に演じきり、第32回ブルーリボン賞助演女優賞、エランドール新人賞、代4回くまもと映画祭日本映画女優賞に輝く。

 以降も'90年「さよならこんにちは」、'91年「シャイなあんちくしょう」、'92年「私を抱いてそしてキスして」'93年「クレープ」と主演作が相次ぎ、ルックスと実力を兼ね備えた若手No.1の女優として、'93年度の第31回ギャラクシー賞奨励賞も獲得する。

 その後「エンジェルダスト」「わが人生最悪の時」('94)、「天使のわけまえ」('95)、「OL忠臣蔵」('97)、「おもちゃ」('99)、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」('01)など多彩な役柄でコンスタントに出演を重ねている。

 テレビではTBS『五度半さん』('85)、NHK『翔ぶが如く』('90)、NTV『智恵子抄』('94)、NHK『元禄繚乱』('99)、NTV『泥棒家族』('00)等、現代劇から時代劇まで幅広い題材のドラマに出演する一方で、舞台でも旺盛に活躍、坂東玉三郎演出『ロミオとジュリエット』('86)、デニス・アードマン演出『暗くなるまで待って』('92)、マシュ−・ロイド演出『クラウド9』('95)、鴨下信一演出の一人芝居『幻の光』('96)、アレキサンドル・ダリエ演出『マクベス』('97)、グレック・デイル演出『短編集』('99)、松尾スズキ演出『キレイ』('00)、上演時間9時間の大作である蜷川幸雄演出の『グリークス』('01)、鐘下辰男演出『或る憂鬱』と、内外の著名演出家の舞台に多数登場している。

 映画の最近作には'02年の「白い犬とワルツを」がある。