ホテル・ハイビスカス 公式サイト・はじめに

Cart

沖縄にある、小さなちいさな「ホテル・ハイビスカス」

見る人全てを魅了した『ナビィの恋』の中江裕司監督、4年ぶりとなる待望の新作がふたたび沖縄から届けられた。
主人公は前作のおばぁナビィから一転、小学3年生の美恵子。お転婆、と済ませるにはあまりにも破天荒で天真爛漫、生きるエネルギーがいっぱいに溢れ、ウチナーグチ(沖縄言葉)で表現すればなんとも「ウーマクー」な少女だ。森の精霊キジムナーが生息し、至るところに神が宿る不思議に満ちた「外」の世界と対峙する美恵子の元気いっぱいの生命力は、両親、兄弟、おばぁの3世代家族と、なにより沖縄の風土が持つおおらかさと神秘性に育まれた賜物。この夏、真っ青な空やこぼれる陽射しといっしょに、最高に元気いっぱいな映画がやってくる!

ホテル・ハイビスカスを営む面々、まずはくわえタバコのおばぁに『ナビィの恋』、そしてNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で“沖縄のおばぁ”として全国的な人気となった平良とみ。父ちゃんと母ちゃんには、沖縄民謡界を代表するファンキーな琉球唄者、照屋政雄とベテラン余貴美子。不思議な老人キジムナータンメーを演じるのは『ナビィの恋』につづいて出演となった、沖縄民謡の神髄を今に伝える巨人・登川誠仁。さらにアイフルのCM出演でブレイク中の和田聡宏に加えて前作から友情出演の西田尚美、村上淳らが中江監督のもとに駆けつけた。そして主人公・美恵子には、「世界中で美恵子が一番好き!」という蔵下穂波が沖縄の小学生3100人の中から難関をくぐり抜け、太陽に向かって笑うハイビスカスのように強烈なヒロインを体現してくれている。

「もうひとつ欠かせないのが琉球サウンド。エンディングを飾る登川誠仁の「白雲節」をはじめ、今回も沖縄のウタサー(唄の名人)たちによる唄三線が楽しめるのはもちろんのこと、なんともいえず懐かしくなる♪「クラリネットをこわしちゃった」「ABCの歌」「森の熊さん」といった童謡の数々…、ところが歌詞はなんだか違う? それは見ての聴いてのお楽しみ!

"HOTEL HIBISCUS" Official Site
Copyrights © 2002『ホテル・ハイビスカス』パートナーズ